利尻カラーシャンプー

利尻ヘアカラーシャンプーは思ったよりも汚れない

利尻カラーシャンプーで白髪染めしても、思った以上に汚れません

 

 

 

私の場合最初に気にしていたことが、
利尻ヘアカラーシャンプーをすると、
風呂場が汚れやすい!」みたいな記事がありました。

 

 

 

 

なので私は利尻ヘアカラーシャンプーを使用する際このことが凄く気になっていました。
そこで最初利尻ヘアカラーシャンプーを風呂場で洗い流すとき不安でした。

 

 

 

 

 

確かに普通のシャンプーと違って桶を下に置いておいて洗い流れた液体を見てみると、
かなり色染まりが酷い物が洗い流れているので「けっこう風呂場の汚れがやばそうだなぁ…」という恐怖がありました。

 

 

 

 

 

 

 

が、全然イメージと違いました

 

 

 

 

 

一般的な白髪染めブリーチなど洗面所とかで使用すると絶対回りに新聞紙を広げて飛び散った後の事を考えないと色が染み付き残ってしまいますが、利尻ヘアカラーシャンプーに関しては使用後特に問題なく普通に洗い流せば汚れは落ちます

 

この点は私にとっても意外なことでした。

 

 

 

ただ放置時間が1時間、2時間くらい経ってしまうとどうかな?と思います。
なるべくなら早めに洗い流してしまったほうが色落ちはさせやすいと思います。

 

 

しかし、そうは言っても利尻カラーシャンプーの場合髪を染める色素が化学染料で染めるタイプではなく、天然素材を使用して髪のことを労わり染め上げていくシャンプーです。
そのため髪染めの即効性は弱いですが、同時にお風呂汚れも酷くなりません。

 

 

流石に詳しくは、実験していないのでわかりませんが普通に使用する分なら問題は全くありません。

 

普通に洗い流していれば、特に汚れることもなくスムーズに染め上げることができます。

 

 

 

お風呂に入っている時間といってもせいぜい40、50分くらいでしょうし、
シャンプーの場合は基本洗い流すのに2,3分のはずですので全くもって汚れは問題ありませんでした。

 

 

 

 

しかし、このサイトでも書いてあるように利尻ヘアカラーシャンプーは周りの色付き汚れと反比例して”放置時間が長いほうが色染めりが早い”ことが特徴としてあります。

 

 

 

 

 

 

なので、そこはバランスよくで3分〜20分くらいで試しながらで利尻ヘアカラーシャンプーを使用すれば良いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

なので、まとめると利尻ヘアカラーシャンプーは思った以上に汚れはないです。

 

 

 

 

 

実際、成分もまるで白髪染めブリーチとは根本的に違い色付きの強い髪にも身体にも比較的影響の強い成分はほぼほぼ使用していないので安全性は高いです。

 

 

 

 

>>利尻カラーシャンプー ドラッグストア
>>利尻カラーシャンプー デメリット
>>利尻カラーシャンプー 口コミ