利尻カラーシャンプー 染まる仕組み イオン

利尻カラーシャンプー染まる仕組み

 

利尻カラーシャンプーで染まる仕組みはイオンの働きによることが特徴になります。
利尻カラーシャンプーで髪が染まる流れとして

 

4つのイオン色素
ナノ分子カラー

 

が影響しています。
この2つが2重で髪に対して色付けされるようになり白髪が染まる仕組みとして役立っているというわけです。

 

まず始めに@の4つのイオン色素に関してはそれぞれプラスとマイナスが作用し合いくっ付くことによって色が髪にキッチリと色素を残す仕組みになっています。

 

Aナノ分子カラーには髪のキューティクルの中に色が染み込む仕組みになっています。
髪も肌同様に非常に小さい構造で出来上がっているため、
微粒子が髪の隙間に入り込み色付きを更に強くするという仕組みです。

 

この2つが主な利尻カラーシャンプーが色付く仕組みとなっております。
さらに言うとここから天然由来植物色素が髪に付着し色付きを強固なものにしていくというわけです。

 

 

根元までちゃんと色付くの?

 

 

色が付く仕組みはわかってもそれがしっかりと髪の根元まで浸透するのかがわからずなんだか不安だという人もいらっしゃると思います。

 

そういった人にも利尻カラーシャンプーは安心な仕組みとなっています。

 

これに対してはサスティの独自技術によってキメ細かい泡を発する作用により髪の細かい部分まで上記の色が付着するわけです。

 

これが利尻カラーシャンプーで白髪染めで色が付く仕組みになります。

 

 

本当にそんなにうまく色が付くのか?

 

 

実際そうはいっても利尻カラーシャンプーを使えばすぐに白髪染めが完了!!…というわけではないです。
これは私だけでなく多くの人が言っていることなので、間違いありません。

 

完全に色が付き始めるのは早い人で3,4日で推奨は10日、遅い人だと15日〜20日くらいになるようです。
私はちなみに色付きは7〜8日くらいでほぼ白髪染めは完了します。

 

ただこれは洗い方次第で早めることもできますし、ただ単に簡単に洗うだけだとダメな場合もあります。
なので、最初の洗い方は大事です。

 

 

もし気になる人は「利尻カラーシャンプーの悪い口コミに答えたワタシの実践ブログ記事」をお読みください。

 

更に白髪染めシャンプーを知りたい

 

取扱店は?

利尻カラーシャンプーの取扱店については下記に書いてあります。
ちょっと興味がある人はご覧ください。

>>利尻カラーシャンプー取扱店はココになります

 

ドラッグストアで売っているの?

利尻カラーシャンプーのドラッグストアでの販売情報です。
私が調べたものをまとめてみました。

>>利尻カラーシャンプーはドラッグストアで購入できるのか?

 

コンディショナーとセットで買うべき?

利尻カラーシャンプーにはコンディショナーもあります。
同じくサスティの利尻昆布ヘア化粧品ですので安心できます。
セットのほうがないよりも染まりやすいのは確かです。

>>利尻カラーケアコンディショナーについて