白髪染め 頻度 空ける期間

白髪染め頻度一般的に空ける期間

白髪染めをする期間や空ける頻度はどれくらいにしたほうが良いのか?
これは一般的には2ヶ月以上は空けたほうが良いと言われていますね。

 

 

そうしないと髪のダメージが治りきらないまま次の染料を髪に浸けなければいけなくなるため、
これからの髪にとって良くない影響を与えてしまうといえます。

 

 

詰まりは髪ダメージの蓄積が問題というわけですね
特にこの理由は通常の自宅でおこなうセルフカラータイプの白髪染めブリーチはその傾向が強いと言われています。

 

 

一度でも使ったことがある人はわかると思いますが、
明らかに白髪染め前と後に髪を触るとその差が歴然です。髪のことを考えるのであれば2ヶ月は最低間を空けたほうが良いでしょう。

 

 

髪ダメージを減らすには成分を気をつけよう

 

髪ダメージを減らし、もう少しコマ目に白髪染めをしたい場合は染料を変えた方が良いです。
そしてその基準は”髪に悪い影響を与えにくい成分の白髪染め”を選ぶようにしたほうが良いです。

 

髪ダメージの影響としては多くは”化学染料”です。
これが原因として大きいです。
あとはジアミン系色素や発色剤、防腐剤、脱色剤、シリコンなどは代表的に髪に悪い影響を与えると言われています

 

白髪染めは髪につけますが、染めている際にどうしても頭皮に染料が染み込みます。
そのため少しずつ頭皮に成分が蓄積されて結果として悪い影響を及ぼすとされています。
なので、避けた方が無難です。

 

 

髪ダメージを減らし白髪染めの頻度を増やしたい

 

白髪染めの頻度をコマめに調整しながら染めていきたいという人は、安全な成分を含んでいるものをお勧めします。

 

 

そのため本サイトでは利尻カラーシャンプーを推奨しています。
サスティの利尻カラーシャンプーは文字通り、利尻昆布や植物エキスを主体としているため成分が頭皮に与えるダメージの影響はすくないと感じます。(私が使用している実感も含めて)

 

 

ですので、非常に理想的。
利尻カラーシャンプーの購入情報利尻カラーシャンプーの染まる仕組みについても本サイトには詳しく記載されているので興味のある人はごらんください。

 

 

ちなみに評判として悪い口コミを見ていると、「染まりにくい」という難点があります。
1回では染まらないのが特徴です。
白髪染めのタイプ的には「ヘナ」に該当します。

 

ですが、安全性は高い白髪染めなので髪が薄まって気にされている人は良い染料だと思います。