白髪染め 痛み

白髪染めで髪が痛むとどうなる?リアルな答え

白髪染めをすると髪が痛む場合があることはよく聞くことだと思います。
そして、髪が痛んだ後はいろんなシャンプーやトリートメントやクリーム、リンス、コンディショナーで保護すると回復するイメージがあると思います。

 

が、

 

どうやら、戻すのは難しいみたいです。
ただし完璧にはという意味です。

 

髪の毛の材質はケラチンと呼ばれるたんぱく質でできていると言われています。
それを中々治すのは難しいというのが、通説のようです。

 

その中でも毛表皮の髪のツヤやハリに一番重要なキューティクルの部分
これがダメになるのが、そもそも恐いこと。
特に女性はこの部分に関して非常に敏感であると思います。

 

髪は女性の命とも言われていますよね。特に女性は年齢を重ねていくと若いとき以上に髪のハリやツヤを気にするようになっていきませんか?美意識が高い人はこのような傾向が比例してあるように思えます。

 

女性は特に

・枝毛、切れ毛が増えること
・パサつき
・表面のざらつき

 

これらに対して非常に敏感だと思います。

 

そして、髪が痛むということはこれらはもちろん髪自体が生気をなくしてしまうような見栄えになります。
すると、非常に外見上

 

老けてみられます。

 

ただ逆を言えば、髪が痛んでない状態。つまりキューティクルが正常な場合は

 

若く見られる。

 

ということになります。

 

 

 

 

なので、髪の痛みというのは非常に重要で気をつけなければいけないものです。

 

髪ダメージは蓄積する

 

 

 

そして、補修シャンプーなども多数存在しますが、
実際治すのは相当時間がかかるというのが現実でしょう。

 

 

髪の痛みが強そうなシャンプー、脱脂力の強すぎるシャンプーなどを使うのは確実に避けるのが無難です。
ではこの見極め方は?という疑問が浮かぶと思います。

 

カンタンな見極め方はまずは安すぎるシャンプーは避けるべきです。
これは、けっこう当たり前のこと。

 

化粧品もそうですが、ドラッグストアやCMで流れている有名で安価な商品ってついつい買ってしまいがちですが、
よくない品質の商品が非常に多い。
これは化粧品での体験ですが、商品の説明を見ると
良いことしか書かれておらず、悪い部分は全て上手く隠す。キャッチコピーの達人が書いている。
からです。

 

 

これは、ここでは説明を省きますが、シャンプーでも同じことがいえます。
やはり他製品と比べて値段が安い商品はどうしたって、安い理由があります。
テレビでも食品問題などでわかるように、奥はわからないものです。

 

 

しかも髪の毛は基本的に死滅細胞でできていると言われており、キューティクルが傷ついても修復させることは困難でトリートメントやリンス、コンディショナーでは保護や回復はできないとも言われています。それだけ髪はデリケートです。

 

 

齢を重ねていくと回復力も肌同様落ちていきます。

 

白髪だけではなく、縮毛矯正、ブリーチ、パーマ、ヘアカラーなどもそうですが、髪をいじるだけでダメージは少なからず受けています。

 

しかも美容師の人に髪ダメージの回復方法について聞いてみても、厳密に言えば「一度ダメージを受けた部分の髪は回復しない」と言います。

 

 

 

髪はそれだけデリケートです。

 

 

なので、皆さんも「そこそこの値段でも質が良い白髪染めシャンプーを購入すること
これを心がけてください。

 

 

 

>>利尻カラーシャンプーの口コミへ
>>利尻カラーシャンプー yahoo知恵袋