利尻カラーシャンプー デメリット

利尻カラーシャンプーの3つのデメリット!

女性が手を×にしている

 

利尻カラーシャンプーのデメリットはなんだろう…。実際利尻カラーシャンプーは冷静に後々の長く付き合っていく髪のケアを考えれば成分は昆布を主に使用しており、ムラなく染まりやすく、ジミアン、タール系色素、パラベン、酸化剤、シリコーン、香料、鉱物油などを一切使用していない無添加白髪シャンプーで自然に自然に染まっていくということを考えるとメリットが非常に大きくなによりも使用していく上で、安心なのが最大のメリットだと私は感じます。

 

そんな利尻カラーシャンプーのデメリットを探してみると、

 

 

3つのデメリット

 

・色染めが1日では染まりにくく数日かかる
・色のバリエーションとして4種類あるなかの明るい色素は若干染まるのに数日余分にかかる可能性がある
・昆布を使用しているため、シャンプーを洗い流すのが数十秒余分にかかってしまう

 

上記の3種類が挙げられます。

 

 

利尻カラーシャンプーは特徴して無添加。着色料を強く使用している色染めクリームなどを使用すれば15分放置をしていれば染まるものもありますが、あくまで髪の事を考え自然に染まっていくことを考えているシャンプーのため染まるスピードが悪いのがデメリット

 

後、昆布を使用しているため”ヌメり”が強くある点。そのため洗い流すのに時間がかかるという弱点があります。その他に染まりにくいに関連して明るい系統の色、例えばナチュラルブラウンなどはブラックと比べて染まりにくいという意見があります。

 

 

利尻カラーシャンプーはあくまで髪の安心・安全・無添加が特徴の色染めシャンプーです。

 

例えば今ご使用している年齢が37歳で色染めチューブを主に使用しているとします。
その商品が仮に身体によくない成分を多めに含んでいたとして、アナタが50代後半に
なったときにどんな髪になっているか想像してみてください。

 

5年後、10年後、20年後と髪はアナタと一緒にあり、未来の自身の姿を想像して
利尻カラーシャンプーの使用か既存の色染めを使用するのかを考えてみてください。

 

 

一般的に白髪染めを使用する際に皆さんも感じられたことがある人も多いと思いますが、1度の使用で非常に髪ダメージが酷くなると思います。
髪のダメージも枝毛や断毛、烈毛、パサツキ、アレルギー反応の恐れや地肌のかぶれ、痛みなど人によってダメージの種類も異なると思います。

 

 

一般的な白髪染め染料の場合は、キューティクルを開けてそこに色染め色素成分を流し込むので、仕方ないですが仕方ないと言っていても髪は傷ついてしまうのが事実です。

 

 

なので、即効性はあるけど髪にとっては危険でもあります

 

 

どんな商品にも必ずメリット、デメリットは存在しています。
利尻カラーシャンプーのメリット、デメリットをよく比較して選ばれるのが一番良い選択だと思います。

 

 

改善点

 

 

 

上記のデメリットの改善点として私も自身で髪を染めながら、試しました。

 

 

 

利尻カラーシャンプーのデメリットは総称すると”染まるスピードが遅い”ということが挙げられますが、これは工夫次第で改善することができます。

 

 

 

ただ”工夫”というほど大袈裟ではなく実際染め方というのは、通常の白髪染めと同じように染まるようにすぐに洗い流さずにしたり、ドライヤーをしっかりと髪に当てて成分を染み込ませるように意識するくらいのものです。

 

 

 

 

この点に関しては下記の利尻カラーシャンプーの口コミと一緒にワタシが実践して使用している写真も含めた記事に一緒に説明して書いてあります。
>>利尻カラーシャンプー 悪い口コミ  

 

 

 

 

利尻カラーシャンプーは良くも悪くも使い方次第で本当に白髪が染まっていく量やスピードが変わりますので悩んでいる人はカンタンに試してみてください

 

 

 

>>利尻カラーシャンプー パーマ